2013年09月10日 追記・変更

サイト構築ディレクトリと、サイト運用ディレクトリが違う事はよくある

サイト構築ディレクトリと、サイト運用ディレクトリが違う場合は、実務でWordPressを使うとよくある事なので、その設定方法について覚えておいて欲しい。
ここで説明する「サイト構築ディレクトリ」というのは、WordPressをサーバーにインストールした(サーバーに置いた)時のディレクトリの事を言っている。
まず、何も設定しない初期状態だと、WordPressを置いたディレクトリは、下記のようになるだろう。

サイト構築ディレクトリ(WordPressを置いたディレクトリ)の絶対パス

例)https://wordpressmatome.com/wordpress/
xampp使っている場合ならば、http://localhost/wordpress/
この状態だと、それぞれ上記の絶対パスにアクセスする事で、サイトの閲覧が可能になっている。しかし、サイト運用ディレクトリを変更して「wordpress」というディレクトリをなくした下記のURLでサイトを運用したい場合がある。
例えば、サイト運用ディレクトリをサーバーのルートディレクトリに持っていきたい場合だ。
※ルートディレクトリというのは、サーバーの一番上の階層ディレクトリの事を指す。一般的には「htdocs」「public_html」「httpdocs」「www」など。

サイト運用ディレクトリ(実際にWordPressを運用するディレクトリ)の絶対パス

例)https://www.wordpressmatome.com/
xampp使っている場合ならば、http://localhost/
上記のURLでアクセスする事で、サイトを表示させたい場合は、設定の変更が必要になる。
それでは、設定変更の説明を書いたので見てもらいたい。

WordPressの管理画面からの変更と、WordPressファイルの編集&移動

設定変更(1)

WordPressの管理画面から、「一般」をクリックして一般設定の画面を出す。
そして、サイトアドレス (URL)を変更する。
saitonohenkou

設定変更(2)

設定変更(1)を終えただけでは、まだ運用サイトディレクトリで、サイトは表示されない。
理由は、サイトを表示するためのファイル(index.php)が存在しないためだ。
そこでサイトを表示するためのファイルを用意する。
「wordpress」内の「index.php」を下層ディレクトリの「htdocs」内に移動する。
setteihenkou2
ファイルを移動しただけでは、サイトはまだ表示されない。
サイトを表示するためには、index.phpを編集する必要がある。
index.phpを開くと、ファイルの最後の行のあたりに
/** Loads the WordPress Environment and Template */
require('./wp-blog-header.php');
という記述がある。ここで相対パスで「wp-blog-header.php」をrequire(呼び出している)ので
その相対パスを変更してあげれば良い。
具体的には、一般的にwordpressディレクトリの1つ下の階層「htdocs」内にindex.phpを置くとした場合、
/** Loads the WordPress Environment and Template */
require('./wordpress/wp-blog-header.php');
と変更する。変更後、ファイルを保存して、運用ディレクトリ(ルートディレクトリ等)にindex.phpファイルを置く。
※今回は「htdocs」内にindex.phpを移動する。
管理画面の方で設定した、サイト運用ディレクトリまでのURL(絶対パス)「http://localhost/」にアクセスしてサイトの表示がされていればOKだ。

この記事が気に入ったら下のボタンをクリック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • LINEで送る


Leave a Reply