固定ページ用テンプレートを用意すれば、固定ページのデザインを変える事が出来る

固定ページを表示する際、WordPressのテーマの動きとしては「page-スラッグ名.php」を読みにいき、もし存在しなければ「page-ID.php」を読みにいく。
そして、上記の2つとも存在しなければ「page.php」を読みこむ。
管理画面の「固定ページ」から新規で記事投稿する際、初期ではデフォルトテンプレートの「page.php」が指定されている。
実は、WordPressでは、各固定ページごとにデザインを変更できる機能が存在する。
ここではそのやり方を解説する。

テンプレートの読み込み優先順位の確認

テーマファイルの読み込みは、下記のように優先順位がつけられている。
ページの表示 優先順位(高い→低い)
トップページ home.php index.php
投稿 single-{post_type}.php single.php
添付ファイル用ページ MIMEタイプの前半 attachment.php single.php
固定ページ page-スラッグ名.php page-ID.php page.php
投稿者別アーカイブ author.php archive.php
日付別アーカイブ date.php
カテゴリーアーカイブ category-ID.php category.php
タグアーカイブ tag-タグスラッグ.php tag.php
検索結果ページ search.php
404エラーページ 404.php
詳しくは、【改訂版】02.WordPressテーマの動作を知れば、全体像が見えてくるを参照。

固定ページ用の新規テンプレート作成方法(1)

例として、今回は「koteipagetest.php」というファイルを作成する。
テンプレートファイル名は、任意のファイル名(拡張子は.php)で使用できる。
<?php
/*
Template Name: 固定ページの新規テンプレート1
*/
?>
<h1>固定ページの新規テンプレートです。</h1>
<?php
if(have_posts()): while(have_posts()): the_post();?>
<h2><?php the_title(); ?></h2>

<?php the_content(); ?>

<?php endwhile; endif; ?>
※管理画面の「固定ページ」からテンプレート選択をするためには、上記記述の1行目から5行目までのコメントが必要。

記述後、管理画面の「固定ページ」を投稿・編集する画面にて、テンプレートの選択が可能になる。
ate3435151

固定ページ用の新規テンプレート作成方法(2)

固定ページの新規追加・編集の画面にて、「スラッグ」を入力する。
たとえば、「test」というスラッグ名にした場合、テンプレートディレクトリ内に「page-test.php」ファイルを置くことで、該当スラッグの固定ページの表示を変更できる。

設定手順1

aaa01

設定手順2

aaa02

設定手順3

aaa03

この記事が気に入ったら下のボタンをクリック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • LINEで送る


4 Responses so far.

  1. [...] 固定ページのファイル名とか、そのあたりがとってもわかりやすかった記事がこちら [...]

  2. [...] 各固定ページのページデザインをテンプレート選択で可能にする方法 | [...]

  3. ITERA Otaru より:

    大変参考になりました。
    ありがとうございます。

  4. まえたえり より:

    とても明確で親切な記事を、ありがとうございます!よく理解をすることができました。WPのこと、どんどん学んでいきます。

Leave a Reply to まえたえり